%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%8C%96 診療のデジタル化

診療のデジタル化

検査

デジタル矯正の検査は、3DCTでより精密な検査を行います。
3DCTを用いることで、今まで検査・診断することができなかった歯根や歯槽骨を考慮した矯正治療が可能となりました。
顎顔面の形態・位置関係の把握や、歯の移動なども確認しながら治療を進めることができます。

診断

デジタル矯正の診断は、デジタル設備によって抽出されたデータに基づき、治療計画の作成を行います。詳細なデータから診療の方針を決めていくため、従来よりも精度の高い診療を提供できます。診断結果を患者様にご説明する際は、シミュレーション画像を見せながら分かりやすく説明し納得いただけるように心掛けています。
シミュレーションをすることで、しっかりと機能するか、どのように歯が動いていくか、などを事前に把握することができます。

治療

デジタル矯正治療は、感覚に頼らないデータに基づいた精度の高い診療を行っています。治療中に検証・実施(装置装着)を繰り返し、お口の状況の変化に応じてその都度改善をしていきます。
デジタル矯正はマウスピースでもブラケットでも同じように、過程をしっかりと管理しながら変化があればすぐに対応し、患者様の治療の精度を上げて成功へと導きます。

先端システムを駆使した、
デジタル矯正をしませんか?

子どもの矯正

大人の矯正