%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E8%A8%AD%E5%82%99 デジタル設備

デジタル設備

CBCT(歯科用CT)

CBCT(歯科用CT)の活用により、歯冠のみでなく歯根、歯槽骨を含めた矯正治療が可能となりました。
被ばく線量が少なく、撮影時間が比較的短いことが特徴です。
顎の歪みや顎の痛みなどの精密検査を、周辺の病院に医科用CT 撮影の依頼をすることなく、院内で精密な検査・診断が随時可能となりました。

3Dプリンター

3Dプリンターを活用し、ゴールとなる歯並びの実現を実際に立体の歯型を作り出すことで、ゴールの見える化ができよりリアルなプロセスを示すことが可能です。
3Dプリンターを使用すると視覚的にゴールの共有ができるため、患者様にも安心して治療を受けていただけます。

口腔内スキャナー

矯正治療を成功させるために重要なことは、精密な歯型のデータをとることです。精密な歯型をデータ化することで、より精度の高いアライナー(マウスピース)を作製することができます。
当院ではiTero・CS3600・トロフィーなどの口腔内スキャナーを、用途によって使い分けます。